ほっかブログ

ジャカジャカ弾いてる?

ギターを買う人のほとんどが趣味。その趣味で弾くギターを選ぶ基準は

1. 見た目がカッコいい
2. 好きなアーティストと同じやつ
3. 値段
だいたいこんなとこ。
で、値段で選ぶとまず失敗するw

よく初心者向けギターセットってのが1万円程度であるけど…これは全くおすすめできない。すぐ飽きてホコリをかぶるセットだ。

5〜10万円程度のギターは中高生におすすめ。中高生にとっては結構な価格で、価格にビビって毎日練習するコース。
中高生には高価なギターだけど、中高年には安いギターなので(決して安くはないんだけど)、弾かなくなって、これまたホコリをかぶることになる。
ギター好きな大人は「安物」と呼ぶ。ケースが付いてこないか、付いてきてもソフトケースだ。

ギブソンでもバッタもんに見えるw

ギブソンでもバッタもんに見えるw

20〜40万円程度のものが大人が趣味で使うにはちょうどいいギター。ギター好きな人は、この辺りのを何本も買うことになる。ハードケースだらけで置く場所もなくなってくるw
フェンダー、ギブソンなんて若い頃に憧れたギターを買っちゃって満足度の高いコース。
「安物」に対して「普通」なギターw

憧れのクラプトンモデルにツイードのケース

憧れのクラプトンモデルにツイードのケース

50〜70万円コース。この辺りになると「いいギター」って言われるようになる。拘りのある人はこれ以下のギターは買わないそうだ。
使われてる材が違うんだって!
80〜100万円。もうどっぷり浸かっちゃってるコース。1本限定なんてギターもあって、弾かない場合もある。
60年の復刻タイプなら、ハードケースもその当時の復刻がついてくる場合もある。

61年頃に使われていたWhite Tolex Caseの復刻

61年頃に使われていたWhite Tolex Caseの復刻

そして、これ以上の価格になっていくと弾くよりもコレクションになっていく。ヴィンテージや特別の限定物なんかだ。
アーティストモデルの限定なら、そのアーティストが使っていたツアーケースを再現したものが付いてきたりする。

もちろん、例外もあるけど、ざっとな括りはこんな感じ。トラベルギター、アコースティックとエレキギターでも違うしね!

コメントできません