ほっかブログ

診断してる?

Facebookで診断系はやっちゃダメだって、散々言われてきたのに、未だに診断系をやる人たちがいる。診断が大好きで毎日何らかの診断をしてる。

いいんだ、そんな人たちだけがアカウント乗っ取られたり、クレジットカード使われたり、情報商材の広告塔になるのは。
でも、その診断好きな人たちの友達リストから、こちらの個人情報も抜かれてることだってある。迷惑をかけているかもという自覚がない。

また、診断結果に対して「いいね!」してスパムアプリの拡散に協力してる人たちもいる。こちらも迷惑この上ない。
診断する人、「いいね!」する人たちは「わたし達、ネットリテラシー低いんです、情弱です」と自ら言いふらしてるようなもんです。
普段、放射能だ、集団的自衛権だと小難しいこと言ってるのに診断してます。恥ずかしいですw

ちょっと考えれば、ジブリやディズニーが、そんな変なことにキャラクター使わせるわけがない。診断しちゃう人は著作権ってものにも疎いのでしょう。

あと、この手のひとはバスの運転手がどうとかの感動話や人生を豊かにする名言とかも大好き。情報の発信元、信頼度なんて調べもせずに、感動話ってだけで脊髄反応してシェアしたり、いいね!しちゃう。

更に、診断系をやる人はFacebookの友達が多かったりする。ネットリテラシーの低い人は友達が多いことがいいと思ってる。よく知らない人、一度だけ会ったことのある人、誰かれ構わず友達になる。
友達300人以上ってのは、セキュリティ感覚がなく、こういうこと管理できないんですってアピールしてるようなもんだって言うじゃないw

診断0 診断 うさんくさい

コメントできません